あり得ないような車両人身事故

交通事故には保険会社の対応というのはそれぞれで違っています。
一つの保険会社であっても、スタッフによって対応が違っていることでも知られているのですが、中にはありえないような理由で被害者をなんとか丸め込もうとしてくるような保険会社もあります。
このような保険会社が相手になってしまうと、被害者側としてもどうして良いのかわからなくなってしまい特に自分自身が交通事故において様々な知識を持っていなければ保険会社のスタッフに丸め込まれてしまうことがあるので注意が必要です。

 

弁護士の力を借りてしっかりと覆していく

例えば、大きなトラックの荷台で作業をしていた従業員がいるにもかかわらず、トラックの運転手が確認もせずエンジンをかけて急発進してしまったことによって、この従業員は地面に叩きつけられたといった事故の場合、双方で車を運転していたわけではありませんが、当然ながらトラックの運転手としては、確認義務を怠っているため従業員の方に対しての保証を行わなくてはなりません。

もちろん従業員の方としては損害賠償を求めることができるのですが、このような事故に対してトラックの加入していた保険会社側がトラックのエンジンがかかった時点で、従業員が車から降りていればこんな事故にならなかったという理由で被害者に大きな過失があると言い出すケースがあります。
驚くような内容ですが、実際にこのようなケースがトラブルになったという事例がありますので、決して珍しい事ではありません。
万が一このような事故に巻き込まれてしまった場合には相手の保険会社の言い分を聞き入れる必要はなく、自分自身が話し合いに関して難しいと思ったら、弁護士の力を借りてしっかりと正当性を主張した上で保証をしてもらうようにしましょう。

 

証拠がなければ保険会社は何とでも言う

一般的に車両同士の交通事故をはじめとして、その場ですぐに警察を呼んでいれば様々な証拠や、特に車同士の場合には物的証拠なども残るので保険会社側としても言い逃れはできない部分があるのですが、上記のような事故の場合にはその場で警察を呼んでいてもトラックを走り去っていたりするため、物的証拠もなく保険会社としては、どんな言い訳でも作り上げてくることがあります。
その時、上記したように、弁護士を立ててしっかりと正当性を主張していくことによって、先方の保険会社が責任を負わずにはいられません。

もちろん保険会社というよりも本来は加害者が責任を負うのですが、保険に加入していた場合にはドライバーが加入していた保険会社との話し合いになります。
またこのトラックがどこかの会社のものであった場合には、会社側にも運行供用者責任が発生してくるので、ドライバーやドライバーの加入している保険会社だけではなく、会社側にもしっかりと責任問題について追求していくいましょう。
泣き寝入りをする必要はなく、弁護士を通じて話し合いをすることによってしっかりと保証してもらうことができます。

最初にも書いたとおり、そもそもトラックの運転手がしっかりと荷台の確認などをしていれば、このような事故は起きないのでドライバーの確認ミスという部分での責任、そして過失が大きくなります。
にもかかわらず、保険会社との主張をしてくる場合にはこのような主張に応じる必要は一切ありませんので覚えておきましょう。

 

病院にはしっかり通うことが大切

上記のように保険会社側からこちらに責任はないなどと言われてしまうと、治療を受けなくても治療費がないからと病院に通わなくなってしまう人がいます。
しかし最終的に弁護士さんを通じて話をすることによって、しっかり責任を取ってもらうことができるので、必ず事故直後から病院には通うようにしましょう。
自分自身の体が辛いにもかかわらず費用を懸念して病院に行くことを我慢する必要は一切ありません。

交通事故などに詳しい知識を持つ弁護士であれば、当然ながら被害者の味方になってくれますので、この辺りに関しては心配せず病院に通うことをお勧めします。